ライフネット生命の定期保険の保険料

ライフネット生命のランキング解説

☆満30歳・満40歳共に保険金額3,000万円、60歳までの保険期間の定期保険の男性の月額保険料を順位付けしています。
ちぇぇぇっく! 当サイトのランキングでは30歳男性部門で第4位、40歳男性部門で第5位と鈍い順位になっています。健康体割引がないということで入りやすい反面、月額保険料はそれぞれ7,174円、10,960円で平均的な印象が強くなっています。第1位のメットライフ生命と比較すると40歳男性で60歳までの保険料総額に100万円以上開きがあるのが気になりますね。

ライフネット生命の定期保険解説

ポイント1 家族の生活を後支えすることに特化
健康状態が標準体として考えれば、保険料の安さは業界でも大変頑張ったものになっています。配当を省き解約返戻金もなくした商品内容は、シンプルさを追求するライフネット生命ならではといったところでしょう。

 

ポイント2 特約がないぶん、支払いはわかりやすく
災害割増特約といったように死亡原因によって保険金額が変わる定期保険はわかりづらいものです。病気はもちろん事故や災害といった突発的な事由であっても支払われる保険金額は同じにしたことで、ユーザーにわかりやすさと確かな安心感を与えています。

 

ポイント3 入りやすい500万円から最高1億円まで
最高3,000万円から4,000万円という定期保険が多い中、ライフネット生命は堂々の1億円まで保険金額を設定することができます。未婚か既婚かによっても、子供の人数によっても、人生のそれぞれの場面で必要となる保障は異なってくるはずです。その都度、見直ししながら増やしたり減らしたりもできるので無駄なく明日への備えをしておくことができます。

 

ポイント4 健康診断しなくても大丈夫
保険金額が3,000万円までを検討中で40歳以下が契約年齢となる場合は、健康診断書なしで保険に加入できる制度も用意されています。

ライフネット生命の定期保険の総括

緑肯定 10秒で簡単に見積もりできる保険料シミュレーションで話題のネット生命で、必要な保障を絞りに絞り込んだ保険商品が魅力です。余計な制度や特約がどんどん省いているからこそ、それがそのまま保険料の安さに反映されています。
とくに定期保険の分野では週刊エコノミストの保険ランキングでも第1位を獲得するほど、ユーザーが使いやすい保険商品を実現しています。複雑な保険商品に頭を悩ませていた人にこそピッタリの生保会社です。

 

《注》 このサイトの情報が保険料の改定などで古くなることもあります。また、年齢や保障期間、体況割引の可否などで保険料は変わります。生命保険会社や生命保険相談業などに確認をお願いします。