NKSJひまわり生命の定期保険の保険料

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命のランキング解説

☆満30歳・満40歳共に保険金額3,000万円の定期保険、男性の月額保険料を順位付けしています。
ちぇぇぇっく! 当サイトのランキングでは30歳男性・40歳男性ともに第2位に入っている損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の定期保険は、健康体割引があることに注目です。
満三十歳での比較では、第3位のアクサダイレクト生命と比べると月額保険料も60歳までの保険料総額もさほど違いはありませんでしたが、国内損保グループが母体という安心感を考えると注目すべきでしょう。一方、満40歳男性の場合でも、第3位の富士生命と月額保険料でランチ一食分少々の差額は積み重なれば大きいと感じます。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の定期保険解説

ポイント1 いざというとき、大きな保障を
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命が販売しているのは定期保険商品には2種類あり、設定した期間の間、安心の保障がつづくのが無配当定期保険です。必要な保険期間を自由に決められるため、収入を担っている本人の年齢や将来設計に合わせて組み立てることが可能です。

 

ポイント2 健康状態が変わっても自動更新
同じ定期保険でも『年満了タイプ』は更新がないぶん、月々の保険料を抑えながら不測の事態に備えることができます。一方、『年満了タイプ』ならどのような健康状態であっても自動更新が90歳まで大丈夫だから長い目で将来を考える人にぴったりです。

 

ポイント3 大きい保障にはお得な特典も
ときには数十年にわたるおつきあいとなる定期保険だから、3,000万円以上の保険金額を契約すると高額割引制度が適用されます。「そんなに備えなくっていいかも」と悩んでいる人でも、毎月の掛け金と比較して申し込むことができますね。

 

ポイント4 健康に気をつけている人にはごほうびが
健康状態が良好であったり、喫煙習慣がない人なら保険料がお得になる健康体料率特約が適用されます。損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の独自基準をクリアすれば30歳の場合、通常保険料より約28%もお安くなります。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の定期保険の総括

緑肯定 生命保険としては堅調な伸びを示している損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は2012年10月に保有件数300万件を突破するなど国内生保ならではのブランドが魅力です。定期保険分野でも30歳男性で保険金額3,000万円が月額6,000円台から加入できるのは驚きといえます。とりわけ『年満了タイプ』で契約すれば払込満了後90歳まで自動更新可能なのも安心ですね。健康体料率特約があるので、非喫煙者や健康に自信のある人にはとくにお得な定期保険です。

 

《注》 このサイトの情報が保険料の改定などで古くなることもあります。また、年齢や保障期間、体況割引の可否などで保険料は変わります。生命保険会社や生命保険相談業などに確認をお願いします。